のりかえローンできます

便利なのりかえローンにもいくつかの落とし穴があります。

その一つに保証料があります。簡単にいうと、実質年率とプラスして、さらに年率1.2パーセントほど利率が高くなるということです。
つまり、のりかえローンの実質年率は一応6.6パーセント〜8.6パーセントとなっていますが、それに保証料の利率がプラスされるので、実際には7.8〜9.8パーセントになるということです。
ただ、これは東京スター銀行の公式サイトにもしっかり書かれています。むしろ保証料がプラスされた方の利率が上に書かれているくらいなので、安心でしょう。
心配なのは公式サイト以外の宣伝を見てアクセスしてしまった場合で、そうしたサイトはのりかえローンを宣伝したいあまり、あえて保証料を除いた方の安い実質年率を書いている可能性があります。そうしたものに騙されると、思っていたより実質金利が高かったということになってしまいます。そのため、注意が必要です。

 モビット

モビットカードローン申込

 金利:3.0%〜18.0%
 限度額:800万円
 審査時間:10秒で簡易審査結果表示

 月々の返済が3,000円から可能。ご利用残高10万円以下の場合に限ります。

口座をお持ちの方なら最短即日借り入れ可能!!※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

モビットカードローン公式サイトへ

 オリックス銀行 カードローン

オリックス銀行カードローン申込

 金利:3.0%〜17.8%
 限度額:800万円
 審査時間:最短即日審査可能

 月々7,000円からの返済も可能。※借入残高30万円以下の場合

 ご利用限度額300万円以下は所得証明書不要

オリックス銀行カードローン公式サイトへ

カードローンには「のりかえローン」、あるいは「借り換えローン」「おまとめローン」と言ったローンがあることをご存知でしょうか?名前こそ異なりますが、どれも「のりかえローン」となり、複数社からお金を借りて現在返済している方には是非とも知っておいて欲しいローンとなります。

 

「のりかえローン」の目的ってなに?

「のりかえローン」とは、その名の通り、他のローンから“のりかえる”ためのローンとなります。しかし、「のりかえローン」は、単に他のローンからのりかえるだけが目的となるものではありません。利用するためのきちんとした目的があるのです。そして、その目的をしっかり理解してから利用しないと思わぬ失敗をしてしまう可能性もあるのです。「のりかえローン」の目的は、複数社からお金を借りてバラバラに返済しているものを「のりかえローン」を利用するかたちで借金を一本化して返済し易くすることなんです。その観点から言えば、「のりかえローン」は返済専用ローンと考えてもよいと思います。

 

「のりかえローン」利用のメリットはなに?

 

「のりかえローン」を利用するにはきちんとしたメリットがあります。それは現在お金を借りて返済している金利よりも低い金利にのりかえることなんです。また、複数社から借りていると金利がバラバラなので金利負担で損をしているケースが多いのです。しかし、金利の低い「のりかえローン」を利用して、バラバラの金利を低いところで一本化できれば、毎月の金利負担は軽くなります。加えて、そのことによって返済負担そのものも軽くなるのです。さらに「のりかえローン」にはメリットがあります。それは複数社でバラバラに返済している返済手数料の負担が1社分で済むことで返済手数料の負担も軽くできることなのです。たとえば、3社から借りてバラバラに返済していると、1社分の返済手数料は1万円以下で100円+税、1万円超だと200円+税の合計で3社分となってしまいます。でも「のりかえローン」で一本化してしまえば、返済回数も1回となるので返済手数料の負担は3分の1で済むのです。

 

「のりかえローン」利用での注意点は?

 

「のりかえローン」は、消費者金融でも銀行でも利用可能です。が、「のりかえローン」を提供しているところは消費者金融の方が多いのです。たとえば、プロミスの【おまとめローン】、アコムの【借り換えローン】、そしてアイフルの【借り換えMAX】 【おまとめMAX】 などがあります。一方、銀行だと東京スター銀行には「のりかえローン」の設定があるみたいですね。が、一般的に銀行だと特別に「のりかえローン」と言うものを設定しているところはとても少ないと言ってよいのです。しかし、銀行カードローンは低金利で融資額も大きいことから一般銀行カードローンを「のりかえローン」として利用するのは可能なんです。なぜなら、銀行カードローンで借りたお金は、事業性資金の用途以外ならどんな目的にも使用できるからなのです。他方、「のりかえローン」の利用で注意したいのは、消費者金融の「のりかえローン」だと返済専用ローンの扱いとなってしまうことなのです。つまり、追加の融資は受けられないのです。加えて、消費者金融の「のりかえローン」利用中に追加の融資を受けられないからと言って他社のカードローンでお金を借りてしまうと契約違反とみなされて「のりかえローン」の契約を強制解約されてしまう可能性があります。しかし、銀行カードローンを「のりかえローン」として利用する場合は、一般カードローンなので追加融資は受けられますよ。

 

東京スター銀行同士の借り換えではできない

 

のりかえローンはあくまで他社から東京スター銀行に乗り換えるためのものです。なので、東京スター銀行ですでに利用しているローンからこののりかえローンに借り換えをするということはできません。それを期待して申込をしたり返済計画を立てたりすると計画が狂ってしまうので注意が必要です。

 

設定範囲より少ない金額でも借りられない

 

おまとめローンの借入の金額は、最低でも30万円ないとダメというルールになっています。これより少ないものは認められないということです。
もっとも、おまとめローンを利用しようと考えるくらいの方は、大抵30万円くらいは超えているはずなのでこれは特に問題ないかも知れません。しかし、10万円程度では使えないということは意識しておきましょう。

 

個人事業主、自営業の方は借りられない

 

おまとめローンの落とし穴として、自営業の方や個人事業主の方は借りられない、という点が挙げられます。給与所得者という条件が加わっているため、正社員、派遣社員、契約社員でないと借りられないのです。
つまり、たとえ年収がこれらのサラリーマンの方より多かったとしても、個人事業主や自営業の方はダメということです。これもちょっとした落とし穴かも知れないので、特に個人事業主の方などは注意すべきだといえるでしょう。

のりかえローンのランキング